檜風呂導入に関わるお金の話

 檜風呂を設置・導入することを決めてからの大切なお話なのですが、檜風呂を機能させるには現場となるお風呂場の環境や条件にあわせて、環境整備工事などを施す必要が出てくることを忘れてはいけません。はい、そうなのです。檜風呂本体の価格だけでは檜風呂は導入できないのです。
私達の経験では旅館さんで檜風呂の周囲を整えるためにお金がかかった施工現場もありますし、新築のリゾートホテルさんでは新しいユニットバスを使って効率的に総檜風呂にしている施工現場もあるのです。
本当に様々な現場があるので一概には言えませんが、今後、檜風呂の導入をご検討される皆様の参考にしていただく為、いくつかの施工現場における檜風呂(浴槽)と工事費用を含む金額の目安をご案内させていただきます。

【檜風呂にリフォームするトータル費用を考えよう】

檜風呂の導入で困っている皆様、
檜風呂の導入でいろいろと悩む前に専門家に是非ご相談ください。

Hinoki-bath-Tono-cypress-forest-1-1024.j

■浴室を檜風呂にする場合の工事費用は?

檜風呂を導入するための総費用は浴槽の本体価格工事費用をプラスして考えます。施工現場の状況によって変わるのですが、下記の目安を参考にしてください。

 
 

施工現場❶ ☞ 一般的な総檜風呂の場合 
【総費用200~300万円 + 設計費】
浴室全体を総檜風呂にして温かみのあるリラックス空間にするのであれば、建築設計事務所や建設会社へ発注をすることで、床や壁なども檜で自由に素敵な空間にすることができます。檜風呂を含めた工事費は概算で200万円~300万円程度+設計費がかかります。高級旅館の改修などは規模も施工条件も特別でありこれ以上に工事費や設計費がかかる場合もあります。
※工事費は一部の事例です。現場によって内容は変わりますので詳しくはお問合せください。

Hinoki-bathroom-Tono-cypress-02-1478.jpg

施工現場❷ ☞ 浴槽のみを交換の場合(古いステンレス浴槽から新しい檜浴槽へ)
【総費用60~80万円】
古いステンレスの浴槽は、床下コンクリートに埋まっています。したがって、簡単には交換できませんので、リフォーム会社や建設会社に発注して交換工事をすることになります。内容としては、コンクリートの解体、ステンレス浴槽の処分、排水管の補修、床補修、新しい檜浴槽の搬入設置、追い焚き、水栓の接続です。檜風呂を含めた工事費は概算で60万円~80万円程度かかります。
※工事費は一部の事例です。現場によって内容は変わりますので詳しくはお問合せください。

bathroom-Before-renovation-01-640.jpg
Hinoki-bathroom-After-renovation-02-640

施工現場❸ ☞ 浴槽のみを交換の場合(古い檜浴槽から新しい檜浴槽へ)
【総費用50~70万円】
 古い檜浴槽の交換は、浴槽の周囲や給湯設備をできるだけ触らずに現状の状態を維持して、新しい檜浴槽に交換するようにします。したがって、古い浴槽の寸法に合わせて、新しい檜浴槽をオーダーメイドで作ります。現場調査と採寸、古い浴槽の撤去解体、運搬処分、新しい檜浴槽の輸送と搬入据付が必要となります。場合によっては追い焚き配管の接続もあります。採寸は意外に難しく専門的な知識が必要です。浴槽の周囲の納まりを改善することによって以前よりも浴槽の耐久性が改善される場合もあるので、やはりプロの目で確認したほうが無難です。その上でリフォーム会社や建設会社にお願いします。檜風呂を含めた工事費は概算で50万円~70万円程度かかります。
※工事費は一部の事例です。現場によって内容は変わりますので詳しくはお問合せください。

Hinoki-bathroom-Before-renovation-01-640
Hinoki-bathroom-After-renovation-01-1024
 

無料相談するホットライン
050-1741-7301

気軽にお問い合わせください。

​電話に出られない場合は、折り返しお電話いたします。

担当:桐山 明文(きりやまあきふみ)

受付時間 9時〜17時 月曜日〜金曜日

IMG_0678●縮小640.jpg